性病チェックシート

「これってもしかして性病?」そう感じたら、あなたの気になるその症状を当サイトでチェックしてみてください。性病は放っておくと、感染を広げてしまったり、悪化して重症化したりするので、早めの検査が大切です。

性病チェックシート

女性がなりやすい性病の種類と症状

日本だけではなく世界中で青少年の性行為などが増えていることや多くの人種が入り乱れているなど、性問題が多様化していることなどから日本でも女性が性病にかかってしまうと言うケースが増えてきており、最悪の場合は命の危険にさらされてしまっていると言うことが問題視されています。
特に女性の場合は性行為の際に身体に負担を伴いやすくリスクも大きいため注意が必要ですし、避妊などリスクを回避するための行動を怠っていると気づかぬうちに性病にかかってしまい、結果的には不妊や母子感染などの最悪のケースに発展してしまうと言う可能性もあるのです。
では、女性の場合はどのような性病にかかりやすくなっているのかと言うと、代表的なものとしてはクラミジア感染があります。
クラミジア自体比較的感染しやすい病原菌となっており、これによってオリモノの量が増えたり下腹部に痛みが発生すると言う症状がみられています。
そしてこれらは比較的軽い症状であることから見過ごされやすく、重度化してから性病の診断を受けてしまうと言うことも少なくないようです。
そしてクラミジア感染の一番恐ろしいところは、放置しておくとほかの性病に感染してしまうリスクを持っていると言うところなので注意が必要です。
そして当然不妊や流産の原因としても挙げられている疾患となっています。
ほかにも女性がなりやすいものとしては淋病があり、こちらも症状としてはオリモノの量が増えたり変色する、オリモノのにおいが強くなるなどオリモノに関連した症状が特徴的な疾患なのですがいずれも軽い症状となっています。
そのためこちらもオリモノのにおいが強くなるなど症状が悪化したことで発見されることが多いため、不妊や流産の原因となりやすくなっています。

性病を放置してはいけない理由

現在では、性病に感染している日本人は100万人を超えています。
だが、その中には、自分が性病に感染していることに気づいていない方は多いはずです。症状があまり現れない性病もあるからです。
主な症状としては、性行為を行った数日後に、性器の痒みや痛みが生じます。
だが、このような症状があっても、病院へ行くことに抵抗を感じて、放置してしまっている方も多いです。
だが、このように放置をしていると、女性では、卵管炎を起こして不妊症や子宮外妊娠の原因となってしまいます。
また、妊娠中は抵抗力が低下しているため、性病にもかかりやすくなっており、治療を行わないと母子感染を起こしてしまいます。
胎児に感染してしまう恐れがあるため、治療は最も大切になってきます。
だが、仕事などが忙しくて、すぐに医療機関を受診するのは簡単ではありません。
そこで、自宅でも簡単に検査を行うことができます。
ネットで検査キットを注文して、男性なら尿・女性なら膣分泌液を採取して、郵送するだけで簡単に検査を行うことができます。
結果はネットで知ることが出来る為、個人情報がもれる心配もいりません。
自宅で簡単に検査を行えることを知らない人も多いので、放置したままにしてしまう人がいるのだと思います。
検査結果で、陽性が出れば、医療機関を受診して治療を行えばよいのです。
性病を放置していると、二次感染を発症してしまうことを知らない方が多いので、早期発見・早期治療を心掛けてほしいです。
また、性行為を行う際は、避妊をしっかり行い、自分の体は自分で守っていってほしいです。
また、治療はパートナーとともに行い、再発症を予防していく必要があります。
治療は2週間ほどで終了することが多いです。

性病になったら何科を受診すればいい?

性行為などを行ってしばらくした後で、性器やその周辺に痛みやかゆみがあった場合、 男性であれば泌尿器科、女性であれば婦人科で基本的には診察を受けることができます。
一方、性器の痛みなどの症状が出ていない段階で一応性病検査を受けてみたといった場合も同様です。
大学病院などの大きな病院ならば、泌尿器科や婦人科だけでなく、性病を専門に取り扱う性病科などもありますから、そちらで様々な相談することも可能です。
性病の症状は何も性器周りの異変だけではありません。
例えば、皮膚に異常があると感じた場合には皮膚科でも診断してもらうことができます。
一方、 腹部の内部、内臓などに不安を感じたのならば、内科でも診察を受けられます。
診察をしてもらう際には、いつ性交渉を持ち、どういうことをしたから性病に感染したのではないか大変不安だと伝えれば 性病検査もしてもらえるでしょう。
性行為などをした数日から数週間後に、性器周りに異常があるようならば、すぐに病院へ行くべきです。
しかし、性行為は相手あってのことですから、 性行為をした相手と一緒に病院へ行くのが得策です。
自らに異常がみられる場合、相手も感染している可能性が十分ありえるからです。
性病の種類には、男性女性どちらか一方には自覚症状が現われにくいものがあります。
また、感染から発症までの期間には個人差があり、感染したことに気付かないことが多くあります。
そういった際には、婦人科、泌尿器科どちらでもかまいません。
男性が婦人科へ、女性が泌尿器科へ診察を受けに行くのは少し抵抗があるでしょう。
しかし、そんなことを言っている場合ではないので、診察と治療に集中しましょう。
カップルでしっかり完治するまで治療を受けることがとても大事なのです。
↓カンジダになってしまったらこれで対処しましょう
エンペシドクリーム
↓ジスロマックを通販するメリット
ジスロマック 通販
↓治療を始めようと悩んでいるなら
効果の高いバルトレックスで帯状疱疹を治す
↓自分とみんなのために
HIVの検査をしておきましょう