「これってもしかして性病?」そう感じたら、あなたの気になるその症状を当サイトでチェックしてみてください。性病は放っておくと、感染を広げてしまったり、悪化して重症化したりするので、早めの検査が大切です。

性病チェックシート

アレルギーの症状を緩和する治療方法

アレルギーとは、免疫反応が、特定の誤った対象に対して起こることによる過剰な防衛反応のことです。花粉や犬の毛、ハウスダスト、更には本来体に取り込みたいはずの食物など、人は時として、抗う必要のないものに対してまで排除しようとすることがあります。
症状として最も多いのが、じんましん、痒み、赤味、腫れなどの皮膚症状です。その他咳、呼吸困難などの呼吸器症状、吐き気や下痢などの消化器症状、粘膜症状などがあり、これらは単独で現れるだけでなく、同時に起こる場合もあります。さらに、重篤なものでは血圧が下がり、意識を失うような、アナフィラキシーショックを伴う場合もあります。
アレルギーが起きる原因については、まだ不明な点が多く解明されていませんが、生活環境や、抗原に対する過剰な曝露、遺伝によるもの等に加えて、近年増加傾向がみられる要因としては、ストレスや食生活が大きな影響を及ぼしていると考えられています。
アレルギーの治療方法としては、まず体質改善が考えられます。乳製品がアレルギーに対して悪影響を及ぼすとする説には、数々のデータの裏付けがあり、有力なものの一つです。牛乳に含まれるタンパク質、カゼインは粘液生成量を増加し、免疫系に刺激を与えます。加えて、免疫系への刺激を抑えるためには、必要以上に高タンパクな食事を控えることです。これらは薬品などを使わず、各人が気を付ける事で出来る治療方法です。一方、薬による治療方法は、各症状によって定番と呼べるものがそれぞれ開発されています。例としてアトピー性皮膚炎などの皮膚症状には、副作用が心配という側面はありますが、やはりステロイド系外用薬が有効です。呼吸器症状には、吸入ステロイド薬の他、抗ヒスタミン剤が、特にアレルギー性鼻炎には抗血管収縮性点鼻薬などがあります。