「これってもしかして性病?」そう感じたら、あなたの気になるその症状を当サイトでチェックしてみてください。性病は放っておくと、感染を広げてしまったり、悪化して重症化したりするので、早めの検査が大切です。

性病チェックシート

性病、反応性うつ病、無性病について

現代社会は、さまざまな精神疾患や、性病を患う人が増えています。
そのような病気には、どのような種類があるのでしょうか。

(1)反応性うつ病
一般的に言われているうつ病は、対人関係のストレスなどから引き起こる、精神疾患です。
無気力になったり、つらい気持ちがずっと続きます。
反応性うつ病とは、「原因がはっきりしていること」で起きるうつ病のことをさします。
たとえば、恋人にふられたり、受験に失敗したり、大切な人がな亡くなったときなど、
気分が落ち込み、つらい気持ちになることは誰にでもあることです。
しかし、それらは、時間の経過によって、徐々に乗り越えられて改善していくことが多いです。
しかし、なかなか改善されずにひきづっている状態が続くと、「反応性うつ病」として診断されます。
体に、著しく症状が出る事も特徴のひとつです。

(2)性病
性病は、感染源から種類まで、さまざまなものがあります。
多くはパートナーとの性交渉等によって感染します。
原因ははっきりしていて、空気感染しないことが特徴です。
必ず誰かとの接触や、物を通じて感染します。
たとえば女性の場合、月経中に、その部分に細菌が入ることが多くあり、
不潔なままの状態にしていて、病気へと感染する場合もあります。

(3)無性病
無性病は、男性の生殖機能が失われる病気です。
簡単に言うと、精子が体のなかで作られなくなる病気です。
先天性のものから、違う病気を患ったときに免疫力が低下し、それによって引き起こされる後天性の場合もあります。
無性病は決して珍しい病気ではありません。

以上のように、現代には様々な病気がありますが、
精神疾患に大切なことは、ストレスをためない、発散するすべを見つけることです。
また性病は、誰にでも起こりうる病です。日ごろから、パートナーとの性交渉にはコンドームを使用することが大切です。
また、体に異変を感じたら、すぐに医者に行くようにするといいですね。