「これってもしかして性病?」そう感じたら、あなたの気になるその症状を当サイトでチェックしてみてください。性病は放っておくと、感染を広げてしまったり、悪化して重症化したりするので、早めの検査が大切です。

性病チェックシート

病期分類のことや性病が多い都道府県について

病期分類とは、がんの進み具合を示すものとなります。
それではなぜ病期分類というものが必要なのかというと、それは進行具合によっても治療の方法が変わってくるものであり、がんの経過を観察するのに非常に重要なものとなるためです。
がんはその進行具合によって治療法であったり、余命が変わってくるので病気分類というのは非常に重要な役割を持ったものとなっています。
病期分類に関してはすべての人が関わりを持つ可能性がある一方で、性病というのは一生無縁の人もいれば頻繁に感染をしてしまう人も少なくありません。

性病の多い都道府県としては東京都や大阪府などがあり、これは単純に人口が多いことから性病患者の数も多いものとなっています。
性病にかぎらず、あらゆる病気は都道府県別に見ても人口の多い街のほうが病気を患っている人が多くなり、逆に人口の少ない都道府県ほど少ないものとなっています。
ただし、風土病と呼ばれるような特定地域で起きる病気も存在するため必ずしもすべての病気が人口の多い街に集中しているとは限りませんが、傾向としては都会ほど多くの病気を患っている人が多いということになります。

そして、性病の場合には性交渉をする相手が多ければ多いほど一人に感染から、それが爆発的に増えていく可能性の高いものとなっているだけに、東京都など人の多い地域ほど感染者が多くなっています。
性病は性行為をしなければ感染しませんし、性行為をしていても信頼できるパートナーとだけしていれば感染するものではないので、全く縁のない人もいれば逆に多くの人と性交渉をする機会のある人ほど感染のリスクが高まりやすく、性病になってしまいやすいという特徴のある病気となっています。