「これってもしかして性病?」そう感じたら、あなたの気になるその症状を当サイトでチェックしてみてください。性病は放っておくと、感染を広げてしまったり、悪化して重症化したりするので、早めの検査が大切です。

性病チェックシート

痒みを伴う成人に多い性病の特徴と治療法について

日本人の成人の中で増加傾向にある性病に、性器ヘルペスがあります。
ヘルペスは口唇以外にもできる可能性がある感染症で、性器付近にできたときには性器ヘルペスを疑う必要があります。
ヘルペスは再発しやすく、水ぶくれや軽い痒みを伴う症状が特徴となります。
性器やお尻に痒みを感じるときには、医療機関を受診して調べてもらうことがおすすめです。
成人女性の5人に1人の割合で感染する可能性のある性病に、膣カンジダがあります。
膣カンジダは女性にとってポピュラーな性病と言えるもので、ストレスや疲れが原因による免疫力の低下によって発症しやすくなります。
膣カンジダの典型的な症状としては、外陰部の痒みやおりものの変化が現れるものとなります。
痒みが激しいときや疼痛を感じる場合もあり、おりものが白く濁ったときには医療機関を受診する必要があります。
膣カンジダを発症したときには、婦人科や産婦人科を受診することになります。
類似の疾患である場合も考えられるために、医療機関で診断を受けて症状の確認を行います。
成人の場合には、性行為によってパートナーに感染させていることも考えられるために、パートナーの方も陰部における痒みや発赤などの不快な症状があらわれているときには、医療機関で検査が必要です。
膣カンジダと診断されたときには、オキシコナゾール硝酸塩などの抗真菌薬が用いられることになります。
市販薬としては、膣カンジダ錠も販売されていますので、医療機関以外で治療することも可能な病気と言えます。
医療機関を受診することが恥ずかしい場合や、忙しくて通えないときには医薬品の通販サイトを利用して治療薬を購入することもできます。
通販サイトを利用するときには、正規品の販売が行われている信頼できるサイトを選ぶことが大切になります。